TOP > 農民として今思うこと
 ← そろそろ・・・ | TOP | スキーウエアあるのに・・・

リストマーク スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) |
↑TOPへ


リストマーク 農民として今思うこと 

2011年03月23日 ()
放射能汚染との闘いは始ったばかりだ。


たまたま葉物野菜からいち早く検出されただけで、今後は農畜産物すべて、水、海、海産物、そしてヒト、あらゆるものの汚染と何年、何十年と付き合わなければならないだろう。

福島や茨城の農民の不安・悔しさといったら、察するに余りある。

盛岡の水道水からも、微量の放射性ヨウ素が検出されたとのこと。(全国の水道の放射能濃度一覧)
いくら基準値未満とはいえ、今まで検出されたことのない物質が入り込んでしまった事実。

六ヶ所村でのアクティブ試験開始のときもいろいろ考えさせられたが、
やはりいくら「人体に影響のないレベル」と説明されても、人工的な放射線物質に汚染されていくのは嫌だ。
原発ではなく、危険の少ないクリーンエネルギーに移行していきたい。

経済界などからは「安定的な電力需給100%」を維持するためには原発が必要なんだ!などという考え方もあるのかもしれないが、○○兆円とかGDP○%と放射能汚染とを天秤にかけることは出来ないでしょう。

今回の地震にあたり(津波で甚大な被害を受けたところを別として)、
停電やそれにともなう節電、計画停電、燃料などの節約などなど、暮らしていくぶんには「なんとかなる」と多くの人が感じているのではないだろうか。
何も、「江戸時代の生活システムまで戻さなければ電力問題もCo2削減も不可能だ!」などという極論を出すまでも無く、我々日本人が一丸となって取り組めば、乗り越えられるはずなのだ。



未曾有の災害で物資不足や燃料不足のおり、これ以上のパニックは抑えなければならない政府の立場もあるのだろうが、情報開示や対応は後手後手になっている感が否めない。(いやこれは東電の体質対応によって拡大してしまった人災だったっけか・・・)

事故の規模からいって、素人の私でも汚染の拡大は容易に想像できる。

「ほうれん草や牛乳は危ないらしいから、とりあえず買うのはやめよう」などというレベルではなく、残念ながらすべての農畜産物などに汚染は広がっているのだから。CTスキャンやレントゲン検査と比較するのも、筋違いお門違いだろう。

今後大事なのは、自分自身で判断できるよう情報の入手そして精査、さらには放射能汚染にたいする教育が重要だろう。



美浜の会ホームページより引用

 政府は「直ちに人体に影響の出るレベルではない」を繰り返しています。「直ちに」とは、一体何を指しているのでしょうか。脱毛などの目に見える急性症状のことでしょうか。そうなっては手遅れです。ガンなど数年後からでる内部被曝の危険について触れないのはなぜでしょうか。「十分低い」と政府がいう20マイクロSv/hは、通常レベルの400倍です。10日間で4.8ミリSvの被曝になります。わずか10日間で年間許容線量の4.8倍にも達します。



今回の事故にあたり、「もし江刺が避難指示圏内だったらどうしているか」と考えた。
生まれ育った家、土地、高齢の祖父母、愛情をこめて作った農産物・・・・・。
汚染を覚悟で、諦めの境地でとどまっていたかもしれない。
いや、百姓は自然災害への一種の諦めやその種の免疫はあるものだが、放射能汚染は人災なだけに諦めるに諦めきれないだろう。

それゆえに福島や茨城の農民の気持ちを思うにつけ・・・・・。
(しかも岩手にも飛来してきているようだし・・・)


言葉は悪いが、どうせ汚染されるにしても、「事実を知っていて諦める」のと「まったく知らない」で汚染されてしまうのでは、意味合いがだいぶ違ってくるだろう。

「個人それぞれが正しい情報の入手と冷静な対応を」などと求めても限度がある。

報道規制がしかれているのかいないのか分からないが、テレビのあまりにも「安全」に偏った報道も気になる
「直ちに人体に影響の出るレベルではない」ということは分かったから、
今後どのような影響がでるのか、またどういった可能性があるのかが知りたいところなのだが。
原発への津波被害が「想定を超える」ものだったことは残念だが、汚染に関しては「想定される」情報がまだまだあるはずだ。
「パニックを抑えなければならないから、まだ真実は公表できない」という権利は政府にどこまであるのだろうか・・・。
特にも影響を受けやすいとされる子供や妊婦のためにも、強いリーダーシップでさらに踏み込んだ対応を求めたい。




いつもながら脈絡のない文章になってしまったが、いろいろなことが頭をよぎって悶々としながらも、
今日はハウスでピーマンやナスの苗の作業をこなした。


農産物への不安は拭えないが、今の自分には仕事をこなしていくことしか出来ない。

この野菜苗たちが、岩手の明日への希望のひとかけらにでもなってくれることを信じて、
そして百姓として脈々と受け継がれる、良い意味での"諦めの境地"で。





【全国の放射能濃度一覧】  http://atmc.jp/


○フランスのIRSN(放射線防護原子力安全研究所)が独自に行った福島原発からの放出放射能の大気中拡散シミュレーションの結果(3月12日~20日の1時間ごと。セシウム137をトレーサーとしたもの)

○放出の間、防護処置がとられなかった場合に1歳の子どもが甲状腺に受ける被曝量のシュミレーション

美浜の会ホームページのリンクより


「六ヶ所村ラプソディー」
「ミツバチの羽音と地球の回転」

グリーン・アクション
美浜の会
再処理/岩手の環境/RI廃棄物(クリアランス)
茨城県環境放射線監視センター

東京電力
東北電力
日本原燃



[2011.03.23(Wed) 19:47] 里の暮らしTrackback(0) |
↑TOPへ


Trackback

この記事のURL:
http://skiing.blog84.fc2.com/tb.php/335-4860dcd6
 ← そろそろ・・・ | TOP | スキーウエアあるのに・・・

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

PR

ブログポータルサイト

月別アーカイブ

夏油高原ライブカメラ

リンク

PR

アクセスカウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。